薬による治療

AGAの一般的な治療方法は薬を用います。髪の毛の状態をチェックして、それが男性型脱毛症であると診断されれば、内服薬と外服薬を処方するのです。

薬AGAの診断を受けて処方される薬というのは、AGAの原因を取り除いてくれます。まず男性ホルモンの生成を抑制させる薬があります。こちらを飲むことによって、抜け毛や薄毛を防ぐことができるでしょう。AGAというのは男性ホルモンが原因となって生じてしまうものです。そのため、男性ホルモンの生成を抑えることができれば、薄毛や抜け毛を防ぐことができると考えられています。継続して薬を飲み続けることによって、効果が続くとされています。

もう1つの薬として、外用薬があります。こちらは血管拡張をさせる薬となっています。血流というのは髪の毛をつくりだすための栄養を運ぶという大事な役割を果たしています。AGAの患者は頭の血流が悪くなっていることが多いのです。そのため、薬を利用することによって、血流を改善させます。

どちらの薬も長期的に使うことによって、徐々に効果が出てくるものです。きちんと医師の指示にしたがって薬を利用することによって、最終的にはAGAを治療することができるかもしれません。基本的には2つの薬を併用することになります。