HARG療法

AGAの治療法として最近注目されているのがHARG療法です。こちらは成長因子を含むタンパクを頭皮に注入することによって、髪の毛の発毛機能を蘇らせるという方法のことです。HARGカクテルを注入すると、頭皮に存在している幹細胞が刺激されて活性化します。その結果として、どんどん成長因子を分泌するようになり、これが発毛を促すのです。この効果によって、最終的には薄毛を解決できるかもしれません。

薄毛治療HARG療法は男性でも女性でも、どのような年齢の方でも薄毛治療に効果を発揮するとされています。人を選ばずに利用できる方法となっているのです。期間としては半年から1年程度続けることになります。毎月1回の頻度で頭皮に注入を受けるのです。デメリットは特にありません。実際に多くのクリニックにおいて採用されている方法です。

髪の毛というのは細胞からどんどん生み出されるものです。髪の毛を生やす元になる細胞を蘇らせるためには成長因子が必要となるのです。これまで別の方法でAGAの治療がなかなか効果が出なかった場合であっても、HARG療法であれば効果が発揮される可能性があるでしょう。そのため、最後の手段として選択される治療方法となっています。安全に受けられる方法となっています。

ちなみに、名古屋にあるAGA治療を行っているクリニックでは、前述のようにHARG療法を取り入れています。針を使わないHARG療法「MED JET」導入しています。針と聞けば怖いイメージを持つかもしれませんが、蚊の針が0.06mmに比べて0.03mmと細い針を使用しています。痛みを感じずに治療をできるのでこちらも参考にしてみてはいかがでしょうか。

薬による治療

AGAの一般的な治療方法は薬を用います。髪の毛の状態をチェックして、それが男性型脱毛症であると診断されれば、内服薬と外服薬を処方するのです。

薬AGAの診断を受けて処方される薬というのは、AGAの原因を取り除いてくれます。まず男性ホルモンの生成を抑制させる薬があります。こちらを飲むことによって、抜け毛や薄毛を防ぐことができるでしょう。AGAというのは男性ホルモンが原因となって生じてしまうものです。そのため、男性ホルモンの生成を抑えることができれば、薄毛や抜け毛を防ぐことができると考えられています。継続して薬を飲み続けることによって、効果が続くとされています。

もう1つの薬として、外用薬があります。こちらは血管拡張をさせる薬となっています。血流というのは髪の毛をつくりだすための栄養を運ぶという大事な役割を果たしています。AGAの患者は頭の血流が悪くなっていることが多いのです。そのため、薬を利用することによって、血流を改善させます。

どちらの薬も長期的に使うことによって、徐々に効果が出てくるものです。きちんと医師の指示にしたがって薬を利用することによって、最終的にはAGAを治療することができるかもしれません。基本的には2つの薬を併用することになります。

AGAの治し方

中高年の男性の中には自分の髪の毛が薄くなってしまったことについて悩みを抱えている方がたくさんいます。これは仕方のないことだと諦めている方もいるのですが、諦めきれない方も多いでしょう。最近は若い方であっても薄毛になってしまうケースがあります。生活習慣が乱れていたり、ストレスによって薄毛が進行してしまうこともあるのです。

薄毛男性が薄毛になってしまう場合、その原因の多くはAGAであるとされています。AGAとは男性型脱毛症のことです。男性に特有の症状であり、多くの男性がAGAになってしまう可能性を秘めているのです。早く対処しておかないとどんどん薄毛が進行してしまう可能性があります。薄毛になってしまうと、人前に出ることすら億劫になってしまう可能性があるでしょう。大きなストレスを抱えてしまうことになるのです。仕事や日常生活にまで影響が出てしまう可能性があるのです。

AGAは治療をすることができます。そのための方法はいくつか存在しています。こちらでは主に2つの方法を教えましょう。現在AGAで悩まされている方はもちろんのこと、将来AGAになったときのために治療方法を知っておきたいという方も参考にしてください。AGAをどのようにして治療すれば良いのか、そのための方法について教えましょう。AGAは今では治療を受けて治る方が増えています。髪の毛のことについて諦めている方でもまだチャンスがあるかもしれないのです。AGAの治療をしたい方は参考にしてください。